ハタヨガ

ハタヨガってどういうもの?特徴・効果・ポーズを紹介

ヨガとひとまとめにしてついつい言ってしまいますが、このヨガにもいろいろな種類があります。

発生地域の違いもありますし、歴史の違いももちろんあります。何を目的にしたヨガか、という点でも違いが出てきますね。

その中でも割ととっつきやすいと言う評判の、ハタヨガというものについて紹介していきましょう。

ハタヨガってそもそもどういう意味

言葉の意味というのは大事です。日本語でも言葉に意味をもたせるのは当たり前のことですね。

なので外来語であるこのハタヨガの意味も、まず把握しておきたいものです。

この言葉はサンスクリット語で、ハとタに分かれます。ハは太陽を、タは月を意味します。

月と太陽はある意味相反するものですが、ヨガすなわち結ぶという意味の言葉で、この2つの相対するものを調和させバランスを取る、と言う意味になります。

またハには吸うという意味もあり、タには吐くという意味もあります。ヨガには最も大事な呼吸についても、その名称ですでに言及されているのですね。

ハタヨガは割と大人しめのヨガだと聞いたけど

ヨガには瞑想系のヨガと、身体を使うヨガがあります。普通日本での教室でのヨガは、身体を使ってというのが多いですね。
ハタヨガももちろん、この身体を使ってのヨガになります。

ハタヨガの特徴は?

ハタヨガは呼吸を大事にして、一つ一つのポーズを丁寧に行っていくヨガです。激しい動きを伴うことがないのが特徴です。
じっくりと腹式呼吸で呼吸を行いながらポーズを作っていくので、身体への負担は少なく済みます。

どんな人におすすめ?

動きの静かなハタヨガですので、初心者や高齢者に向いています。最初は誰でもヨガのポーズは難しく、ひどい筋肉痛を起こしてしまったりもしますね。
ハタヨガの場合できるだけ静かに、呼吸を大事にしてポーズを徐々に作っていくので、身体にあまり無理をかけずに済むのです。
なので初心者や高齢者にも、ヨガの入門として利用ができるのです。
また一方では、初心に帰るということで、中級からベテランの人にも行って欲しいヨガです。
上級者になるとついつい、難しいポーズや動きにばかり夢中になってしまい、最も大事な動きと呼吸の関係を忘れてしまったりすることもあるからです。
出来れば上級の人にも、週に1回は受けて欲しいヨガですね。

ハタヨガの効果は?

ハタヨガの場合ゆっくりした呼吸で行うので、身体だけでなく自分の内部と向き合うことが出来る、というのも大きな特徴です。

動きの激しいヨガの場合、動きだけに気を取られてしまうこともありますが、ハタヨガのような静のヨガだと、じっくりと自分と向き合うことも出来るのです。

その結果、精神の安定や集中力の強化、加えて自己の内面を見つめると言った効果も得られます。もちろんそこから、心のリラックス効果も期待できるのです。
呼吸とゆっくりとしたポーズのおかげで、心への効果が得られるのは、ヨガの真髄と言っていいでしょう。
もちろん身体にも大きく影響を与えてくれます。

ヨガのポーズというのは、どんな初心者用の簡単なポーズでも、普段はまず行わないような動きと形で構成されています。
なのでゆっくりと行うハタヨガのポーズも、普段は使わない筋肉を使ってのストレッチになります。

最も大きな身体への効果は、柔軟性です。放置しておくと固まってしまう筋肉や関節を、柔らかくすることが出来るのです。
特に高齢に近づいている人の場合、この柔軟性が失われているのは事実です。

闇雲な筋トレよりも、じっくりと筋肉を伸ばしていくハタヨガは、負担や怪我もなく行えるところでも、おすすめなのです。

ハタヨガのポーズにはどんなものがある?

ハタヨガのポーズには、特に下半身に効果を得られるものが多いのです。便秘やお腹ポッコリにも効果のあるポーズがあるのは、特に女性には嬉しいですね。

ねじりのポーズ

片足を伸ばしてもう片足の膝を立てて座ります。立てた膝と反対側の腕の肘を膝に引っ掛けて、身体をねじっていきます。
呼吸を深く吐きながら、背中を伸ばして行いましょう。

もちろん片側が終わったら、もう片側も行ってください。

血行の促進に自律神経のバランス調整、内蔵を刺激するので便秘解消にも役立ちます。

鋤のポーズ

仰向けに寝て両脚を上げ、つま先を頭の上に持っていきます。床につま先がタッチできるところまで持っていければ最高ですが、無理はしないほうがいいですね。

このポーズは結構柔軟性が要求されますので、あまり無理に行わないようにしてください。

倒立に近いようなポーズなので、内臓を正しい位置に戻してくれる効果があります。

まとめとして

初心者や高齢者など、まだ柔軟性も筋力もいささか、と言った人におすすめなのがハタヨガです。

とは言ってもヨガですので、かなりきついポーズもあります。最初はとにかく信用のおける講師につくことをおすすめしたいですね。

これ出来そうと思っても、自己判断せずに最初は教室に行って、講師の目の届くところで行うようにしてください。