ヨガマット

ヨガ初心者の方におすすめのヨガマットの選び方 は?

まだまだ始めたばかりのヨガだけど、思ったより楽しいし家でもポーズを取りたい、そんなふうに考えだしたらやはりヨガマット1枚は欲しいですね。

もちろんジムなどでは貸し出してくれますし、個人の教室でも人数分揃えていてくれるところもあります。

でもやはりマイヨガマット、欲しくなるのは当然のことです。でも初心者としては、どう選べばいいのでしょうか。

初心者がヨガマットの選び方を知りたくなる時

ヨガマット、最初は続けられるかもわからなかったので購入しなかったけど、でも続けられそうだしと自信ができたりした時、ヨガマットは欲しくなりますね。

またジムで借りられるけど、人の使ったものをというのはちょっと、汗もついているだろうしと、いささか潔癖症な人も自分個人のものが欲しくなります。

もっと単純に、マイヨガマットを持ち運んでクラスに来る人って、やっぱり格好いい自分もああなりたい、とのあこがれで欲しくなる人もいます。

クラスを受けるだけじゃ足りない、家でもやりたくなったというよりも家でもっとヨガを極めたい、とまで行く人もいます。

まあいずれにしても、ヨガに魅せられてしまうとこのヨガマット欲しくなって当然だということです。

こんな状態になった時には、もう初心者とは言えないかもしれませんが、ヨガマット選びにはまだ初心者です。どんな物を選んでいったらいいか、考えていきましょう。

初心者のヨガマットの選び方はまず値段から

まあそれでも、お値段というのは大事です。

このヨガマットの値段というのは、かなりの格差があります。今では100円ショップでも扱うようなりましたから、低い値段では300円くらいのものもあります。

逆に上はというと、1万円台のものも普通に販売されています。

もちろんブランドネームなどもありますが、こういったものの性能はお値段に反映されていることが多いので、安いものだと耐久性が低いというのも事実です。

高ければいいというわけでもありませんが、すぐに劣化してしまっては結果コスパがよくないということもあります。

初心者としては大体、5000円くらいのもので充分ですね。もしお試しにと言うなら、それこそ安価なものを購入して感覚を掴むのも悪くありません。

素材などでも値段に変化がありますので、その点にも注意が必要です。

初心者のヨガマットの選び方は素材も大事

ヨガマットの素材でもっともポピュラーなのが、ポリ塩化ビニールです。安定性もよくコスパにも優れでいる、バランスの取れた素材です。

値段の方も、かなり安く出ている製品もあり、量販店からネットショップまで幅広く販売されていて、手に入りやすいのも魅力です。

ただこの素材、再利用がしにくいのと洗えないのが欠点です。拭いて乾かす程度のお手入れで、満足しなくてはなりません。

次に熱可塑性ポリマーです。比較的新しい素材で、水拭きもできるのでお手入れが楽です。臭いも少なく重量も軽いので、携帯にも適しています。

ただ高温には弱いので、ホットヨガなどの利用には注意が必要です。取説をよく読んで確認しておいてください。耐久性もポリ塩化ビニールには一歩及びません。
お値段も少々高めです。

そして天然ゴムです。何よりも安定性が抜群なので、自宅での使用には適しています。というのも、欠点として重量があるのが持ち運びに向いていないからです。
また独特の匂いがだめな人や、ゴムアレルギーの人に使えないのが残念なところです。

初心者のヨガマットの選び方は用途でも違いが

素材に値段にと考えてくると、逆にどういった物を購入すればいいのかわからなくなってしまいます。

なのでまずは用途をはっきりさせましょう。

ジムやヨガの教室に持ち込む際は、まず重量と持ち運び安さをメインに考えてください。標準的なヨガマットの長さは170センチほどです。

これを丸めたり畳んだりして運ぶのですから、あまり重いものは避けるほうが賢明です。ホットヨガ以外なら、熱可塑性ポリマー素材のものがおすすめです。

また小さめのヨガマットなら、ポリ塩化ビニール素材のものでもそれほど重量がありません。コスパを考えた場合、こちらも候補に入れておいてください。

家で使用して、しかもゴムの臭いにも特に問題がなく、アレルギーもない場合には天然ゴムが一番です。重くても持ち運びの必要がないので、問題ありません。

安定感は抜群なので、家の滑るフローリングの上でも滑ることなく使えます。

厚みについては、3ミリから5ミリのものが標準的です。この手の厚さのものを購入しておけば、ほとんどのヨガクラスで問題なく使用ができます。

まとめ

出来れば初心者の場合ほど、しっかりとしたいいヨガマットの利用をおすすめしたいです。

  1. 値段
  2. 素材
  3. 用途

紹介した上記3点を重視してみてください。

上級者と違って、まだまだ不安定なのが初心者です。そこに安定感の悪いヨガマットを敷くのは避けたいところです。

しかしお財布の問題もあるでしょうし、受けているクラスの特徴もあります。そのあたりも良く考えて、最初のヨガマットを購入してみてください。

お試しでの購入なら安めのもので、これは使えると思ったらしっかりしたブランド物に変更する、という選び方も一つの方法です。