誰よりも戦争に反対した男、
山本五十六

アメリカとの国力の違いをよく知っていたために、誰よりも戦争に反対していた山本五十六。
真珠湾攻撃までの苦悩を辿る

戦争について考える

山本五十六と真珠湾攻撃 その3

海軍の中で その2

三国同盟

1936年(昭和11年)11月25日、日独防共協定が締結し、翌月12月1日に海軍次官に就任しました。海軍次官時代から新聞記者に人気があり、海軍省記者クラブ「黒潮会」に山本が目当てで入会する記者が多く、次官室会見で座りきれない記者が出るほどの人気ぶりでした。山本は海軍担当新聞記者の家庭についても把握していて、よく話題にしていました。会議のあと米内海軍大臣が会見を行わずに、山本次官の会見だけで終わることもありました。次官就任は永野修身海軍大臣の熱望によるもので、山本は永野を評価していませんでした。山本は、あくまで航空本部長職を望んでいました。山本と永野の仲がしっくりいかない事は、新聞記者達の間では周知の事実でした。2ヶ月後、広田弘毅総理大臣が辞職して廣田内閣は崩壊、林銑十郎総理による林内閣が成立して、山本は米内光政海軍大臣のもとで林内閣・第1次近衛内閣、平沼内閣と留任しました。米内の海軍大臣就任は永野の最大の功績の一つとされて、艦隊派としてワシントン海軍軍縮条約に反対・統帥権でも問題を起こしていた末次信正軍事参議官の大臣就任阻止と加藤寛治海軍大将の影響力を抑えるという一面もありました。

この間、盧溝橋事件が発生して支那事変(日中戦争)に拡大します。第二次上海事変が起きると海軍航空隊も本格的に投入されました。山本は外交問題の処理に携わり、1937年(昭和12年)8月にナッチボルー・ヒューゲッセン駐華大使が日本軍機の誤爆で負傷した事件、12月に海軍航空隊が米砲艦を誤爆したパナイ号事件の解決に奔走します。山本はジョセフ・グルー駐日大使に謝罪すると同時に、綿密な検証によって米国の誤解を解いて、事件の余波を最小限に抑えています。

しかし1938年(昭和13年)11月25日、米内海軍大臣は南シナ海の海南島を占領する計画を五相会議で提案して、閣議了承されることになりました。海軍軍令部(古賀峯一次長、宇垣纏第一部長、草鹿龍之介第一部第一(作戦)課長)も賛同、1939年(昭和14年)2月に海南島を軍事占領しました。山本は米英の反発を招く事を懸念して反対していましたが、伏見宮軍令部総長の賛成によって制止することはできませんでした。草鹿によると日本の南方進出を見込んだ布石でもありましたが、東南アジアに多数の植民地を持つ欧米列強との関係は一挙に悪化することになりました。3月に米国で客死した斎藤博駐米大使の遺骨が米巡洋艦「アストリア」 で礼送されて、横浜港にて山本が受け取ったといいます。4月にいは、航空本部長を兼務しています。

山本は日独伊三国同盟の締結に対して、米内海軍大臣、海軍省軍務局の井上成美らとともに最後まで反対した人物です。この事から海軍条約派三羽鴉(海軍左派)とも言われていますが、日本陸軍や外務省の提案に対して海軍の方針を示していただけで、対案を出すなどの積極的姿勢を見せることはありませんでした。山本達の反対理由は「米英との関係が悪化して支那事変解決が難しくなる」「日ソ開戦の場合ドイツは距離が遠すぎて援助・支援が期待できない」「条約で日本が損をする項目があるのではないか」「軍事同盟締結によりドイツ・イタリアに中国大陸の権益を要求される懸念がある」ということでした。山本は榎本書記官に「世間ではオレを三国同盟反対の親玉のようにいうが、根源は井上なんだぞ」と不機嫌そうに語ったこともあります。

三国同盟賛成派は、山本のイメージを悪化させるプロパガンダを展開していき、暗殺の風評を流していきます。山本は表面的には鷹揚に行動しましたが、ひそかに遺書も書いています。私服の憲兵が護衛についたほかにも、自宅には機関銃が備えられたこともありました。山本は、三国同盟賛成と反英国・米国世論の盛り上がりは日本陸軍と内務省の合議による組織的なものと報告しています。政治も世論も同盟締結に傾き、山本達は孤立していきます。ところがノモンハン事件が起きて日本とソ連が軍事衝突を起こす中で、8月23日、ドイツはソ連と独ソ不可侵条約を締結。平沼内閣は『欧州情勢は複雑怪奇なり』の言葉を残して総辞職して、日独伊三国同盟第一次交渉は頓挫しました。山本達は「(同盟締結の)芽だけを摘んで根元を刈り取らなかった」という指摘もあります。

五十六に学ぶ

昭和(大戦前)

連合艦隊司令長官 その1

1939年(昭和14年)8月20日 阿部内閣の発足時に、山本(中将/海軍次官)は連合艦隊司令長官(兼第一艦隊司令長官)に就任しました。山本は連合艦隊司令長官に任官されることを拒んで、吉田善吾海軍大将が海軍大臣に内定された際には、吉田の下で次官として留まり日米開戦を回避出来るように補佐する事を要望します。米内海軍大臣にも人事の撤回を強く要求しましたが認められることはありませんでした。

連合艦隊司令長官就任は采配・指揮能力を買われたものではなく、三国同盟に強硬に反対する山本が、当時の軍部内に存在した三国同盟賛成派勢力や右翼勢力から暗殺される可能性があったために、当時の米内海軍大臣が危惧して、一時的に海軍中央から遠ざけ、「軍艦長門」へ避難させるためにこの人事を行いました。山本は後任の住山次官について「海軍がだれが大臣、次官になろうと、根本政策、方針に変わりなく微動だにしない。住山が来たって同じで、その見本を示すためだ」と周囲に語っています。また山本は自宅で新聞記者を前にして、普段飲まない酒を飲み、最善の御奉公をするつもりだと連合艦隊司令長官としての決意と覚悟を語っています。山本はアメリカとの戦争は無謀と知りつつ海軍軍人・連合艦隊司令官としてアメリカを仮想敵とした戦略を練り、福留繁聨合艦隊参謀長にハワイ奇襲作戦について語っています。また山本は米国と戦うためには航空機増産しかないとの信念に従って、当時最新鋭の零式艦上戦闘機と一式陸上攻撃機各1000機増産を求めますが、軍令部第一部長宇垣纏少将によって拒否されています。当時の連合艦隊参謀長だった福留繁少将によると、大和型戦艦3・4番艦(信濃と111号艦)の建造を中止させて航空機優先の生産体制をつくるため、連合艦隊参謀長に伊藤整一少将を、福留を軍令部第一部長にする人事が行われました。水平爆撃の命中精度が著しく悪いため水平爆撃廃止論が圧倒的に有力でしたが、山本は自分が長官である限り中止はないと指導しています。

1940年(昭和15年)、第二次世界大戦緒戦でナチスドイツはフランスを含めヨーロッパ全域を掌握します。同年2月下旬の手紙で山本は三国同盟について「唯あんな同盟を作って有頂天になった連中がいざと云う時自主的に何処迄頑張り得るものか問題と存じ候。当方重要人事異動の匂いあり唯中央改善と艦隊強化も得失に迷いあり候」と懸念しています。山本の憂慮とは裏腹に、日本はドイツへの接近を強めていき、日本海軍も親独傾向を強くしていきました。

何回かの駐在経験もあり、山本はアメリカとの国力の違いを認識していました。1940年(昭和15年)4月11日の故郷・長岡中学校の講演で「伸びきったゴムは役に立たない。今の日本は上から下まで、全国の老人から子供までが、余りにも緊張し伸びきって、それで良いのか」と語りかけて、日本がアジアの真のリーダーとなるには20~30年はかかると述べています。

海軍省と軍令部の省部合同会議で総論として、三国同盟締結に傾いていき、9月15日の海軍首脳会議にて調印に賛成の方針が決定しました。会議直前、山本は及川古志郎海軍大臣から機先を制され賛成するよう説得されました。山本は会議で殆ど発言しなかったので、司会役の豊田貞次郎海軍次官によって『海軍は三国同盟賛成に決定する』が正式な結論となりました。山本は条約成立が米国との戦争に発展する可能性を指摘して、陸上攻撃機の配備数を2倍にすることを求めたのみでした。山本は堀に「内乱では国は滅びない。が、戦争では国が滅びる。内乱を避けるために、戦争に賭けるとは、主客顛倒もはなはだしい」と言い残して東京を去っています。2ヶ月後の9月27日、日本は日独伊三国同盟に調印しました。山本はこれを受けて、友人の原田熊雄に「全く狂気の沙汰。事態がこうなった以上全力を尽くすつもりだが、おそらく私は旗艦長門の上で戦死する。そのころまでには東京は何度も破壊され最悪の状態が来る。」と語っています。

戦争を忘れない為に
検査ご希望のお客様は大腸内視鏡 診療予約をされることを推奨いたします。 当日お越しになられてもすぐに検査出来ない場合もございますので、予めご了承下さい。
2013 誰よりも戦争に反対した男、山本五十六