誰よりも戦争に反対した男、
山本五十六

アメリカとの国力の違いをよく知っていたために、誰よりも戦争に反対していた山本五十六。
真珠湾攻撃までの苦悩を辿る

戦争について考える

山本五十六と真珠湾攻撃 その2

海軍の中で その1

昭和(大戦前)

航空が主兵

1928年(昭和3年)3月にアメリカより帰国してから、8月から軽巡洋艦「五十鈴」艦長を務め、水雷学校での講義で将来の海軍は航空主兵となり、対米作戦では積極作戦をとりハワイを攻めるべきと発言しています。4ヵ月後に多段式空母「赤城」艦長に着任。着艦に失敗しそうになった飛行機に山本艦長自らが飛びつき、山口多聞中佐らと共に飛行甲板から落ちるのを防ぐなど航空に全力を注いでいます。

1929年(昭和4年)11月、海軍少将に進級すると共にロンドン軍縮会議に次席随員として参加しました。海軍随員でもあった山本と山口多聞中佐は軍縮案に強硬に反対したこともあり、日本側代表は混乱しました。その一方で、最も強硬に対米7割を主張して若槻禮次郎全権を困らせました。大蔵省から派遣された賀屋興宣が、財政面から軍備の大きい負担には堪えられないという旨の意見を言おうとした際には「賀屋黙れ、なお言うと鉄拳が飛ぶぞ!」などと怒鳴りつけて、青くなった賀屋が慌てて言葉を飲み込んだといいます。軍縮条約を巡っては、海軍内で艦隊派と条約派という派閥争いが生まれ、山本を含めた海軍の人事に大きな影響を与えることになりました。この一件が、山本が艦隊派から同志であると受け止められた一因となり、山本出世のきっかけにもなりました。結局、外交団代表は山本の意に反して軍縮条約に調印。海軍士官学校同期生(第32期)クラス会では、適任ではなかったと予備交渉における苦悩を語っています。失意の山本が海軍を辞めるという噂さえも流れるほどの失望ぶりでした。しかし山本は立ち直り、末次信正軍令部次長に対して「劣勢比率を押しつけられた帝国海軍としては、優秀なる米国海軍と戦う時、先ず空襲を以て敵に痛烈なる一撃を加え、然る後全軍を挙げて一挙決戦に出ずべきである。」と進言しました。

五十六に学ぶ

1930年(昭和5年)12月、海軍航空本部技術部長につくと航空主兵を強力に推し進めると同時に、未熟だった日本海軍航空機の発展に尽力しています。外国機の輸入と研究に積極的でしたが「外国機の輸入は我航空科学技術の恥辱と思わねばならぬぞ。それは日本科学の試験台なのだ。若し国産機が外国機の単なる模倣に終わったら、欧米科学に降伏したものと思え、その替わり、それを凌駕する優秀機が作られたら、勝利は日本科学の上に輝いたと思え」と技術者達を激励しています。1932年(昭和7年)山本は海軍航空機の条件として、国産、全金属、単葉機の3つを掲げています。 複葉機(主翼を2枚)から単葉機(現在の飛行機は単葉機)への移行中に、単葉機の速度が増えて着艦距離が延びることが問題にあがりましたが、山本は母艦発着甲板の方を長くせよと指導しています。。

1933年(昭和8年)夏、横空研究会で、日高実保(大尉、海兵50期)が雷撃訓練に、対空砲火や敵戦闘機の妨害の概念を取り入れるよう主張します。遠距離での発射を見越した高々度高速発射砲や魚雷の改善を求めていきました。続いて柴田武雄が戦闘機の機銃の射程延長と照準器や兵器弾薬の発明必要を訴えると、山本(海軍航空本部技術部長)が立ち上がり2人の意見を言語道断と否定します。「そもそも帝国海軍のこんにちあるは、肉迫必中の伝統的精神にある。今後、1メートルたりとも射距離を延ばそうとすることは絶対に許さん」と叱責しました。

10月には第一航空戦隊司令官となり、空母「赤城」(塚原二四三艦長)に座乗しています。故郷長岡の希望者22名を空母「赤城」に招き入れ、山本自ら艦内を案内したこともありました。

1934年(昭和9年)赤城の第一航空戦隊研究会で、源田実から単座式急降下爆撃機導入して戦闘機と攻撃機の半数づつをこれと入れ替える意見がありましたが、山本は「戦闘機を攻撃に使うという発想はいいが安全性の面から二座がいい」と却下しています。

同年9月に「俺も軍人だからね。どうしてもアメリカとやれといわれれば、アメリカともやってごらんにいれたいね。……俺の夢なんだからね。空母10隻、航空機800機を準備する。それだけで真珠湾とマニラを空襲し、太平洋艦隊とアジア艦隊を潰すことは確実にできるんだよ」「少なくとも一年間は、太平洋にアメリカの船と飛行機が存在しないってわけさ。それだけの戦争はやって見せる」と斉藤博駐米大使に語っています。

9月20日、山本は第二次ロンドン海軍軍縮会議予備交渉の海軍側首席代表として日本を離れています。対米強硬派の加藤寛治軍事参議官は「…見送盛也、但シ山本少シク上ボセ気味、大ニ托スルニ不足…」と日記に書いています。山本は政府の意を受けて「戦艦・空母の全廃、兵力量の各国共通制限設定」を主張して、列強交渉団と互角に渡り合いました。しかし、「戦艦・空母の全廃」は会議の決裂を日本政府が意図したものでもあり、山本が出発する直前の9月7日にワシントン海軍軍縮条約の破棄が決定しています。このような状況の中で欧米と交渉中に、同期の親友堀悌吉中将が予備役に編入される人事があり山本は気力を失いました。また米国も条約締結について冷淡ということもあり、結局予備交渉は中断しました。堀への手紙で山本は、日本の対外強硬論への不満と苛立ちを語っています。また愛人への手紙にも「自分がただ道具に使はれたに過ぎぬやうな気がして」と述べて、「誠に不愉快である」と心境を明かしています。

戦争を忘れない為に

1935年(昭和10年)2月、シベリア経由で日本に帰国、東京駅に降りた山本を大角岑生海軍大臣や広田弘毅外務大臣などが出迎えています。山本は海軍を辞める意思を持っていましたが、堀に慰留されました。山本はしばし故郷長岡で休養することになり、母校の学生達と交流しています。第二次ロンドン海軍軍縮会議に赴く永野修身軍事参議官から随行するよう要請されていますが、先の予備交渉で懲りた山本は固辞しました。

4月には故郷長岡の阪之上小学校で演説を行っています。日本人として重要な恩を「天皇の恩、親の恩、師の恩」を挙げて、「世の中に立って、国の為に尽くすことが、先生に対する生徒の、第一の恩返しになる」と語っています。

12月に、海軍航空本部長に任命されました。横山大観から絵の呈上の申し出があった際には、全力で勤務にあたるために、芸術にひたる余裕なしと述べて断っています。空軍独立論については、日本陸軍が主導権を握ることを懸念して強硬に反対しています。のちに太平洋戦争において、陸海軍航空隊の指揮権を統一する提案が出たときにも、一貫して指揮権の統一に反対しています。海軍航空本部総務部長を務めていた時に、直接の部下だった草鹿龍之介が山本のための機密費・接待費の捻出に苦労している事を知ると、山本は自ら海軍省と交渉に乗り出して金500円(当時価格)を獲得して、草鹿に渡しています。航空本部長時代には、手相骨相鑑定家の水野義人を海軍航空本部嘱託に採用しています。山本は航空搭乗員採用試験の際には、応募者の手相・骨相を鑑定させて、採用・不採用をする時の参考にしていました。

この頃、欧米列強は新世代戦艦(ポスト条約型戦艦)の開発・建艦を一斉に開始して、日本も大和型戦艦の建造計画をたてました。山本は大西瀧治郎航空本部教育部長と共に反対論を唱えて、艦政本部と対立しました。山本の航空主兵論と中村良三(大将/艦政本部長)の大艦巨砲主義論の対立は結論が出ることはなく、伏見宮博恭王軍令部総長の仲裁で1936年(昭和11年)7月に高等技術会議で大和型2隻の建造が決定されると同時に、マル3計画によって3万トン級正規空母翔鶴型航空母艦2隻の建造も決定しています。

1936年2月の二・二六事件では、反乱に賛同する海軍青年士官を一喝して追い返して、重傷を負った鈴木貫太郎侍従長のために医者を手配しています。岡田啓介総理大臣の救出にも米内光政横須賀鎮守府長官と共に関わっています。二・二六事件での米内の対応を山本は高く評価して、後日永野修身海軍大臣が辞任する際に、山本(海軍次官)は米内を後任海軍大臣として推薦しています。

11月の長岡での講演会では、海軍を辞めたのちに故郷の長岡で青年の教育を行う夢を語っています。

2013 誰よりも戦争に反対した男、山本五十六